スタジオジブリが徳間書店から独立

2005-2-12 14:46
このエントリーをはてなブックマークに追加

NIKKEI NET:企業 ニュースから。『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』などのアニメ映画ヒット作を制作してきたスタジオジブリ。そのジブリが今年春にも徳間書店から分離独立するのだそうです。ていうか、今までは徳間書店の一事業部だったんですね。知りませんでした。

このほど宮崎駿監督らを経営陣とする新会社を設立、ジブリが制作した過去の作品を含めた営業権を徳間書店から譲り受ける。

(中略)新会社の資本金は1000万円で、本社はジブリ作品の制作拠点がある東京都小金井市に置く。スタジオジブリ事業本部の鈴木敏夫本部長が社長に就任。ジブリの二枚看板である宮崎監督と高畑勲監督も取締役に就く。

鈴木敏夫プロデューサーですか。宮崎監督の陰にかくれて目立たないですが、この人がすごいからこそ、いまのジブリ作品のヒットがあるわけですから、これからも問題ないでしょう。徳間書店から独立すれば、他社の原作本の映画化もあり得そうです。

この人が以前、第三文明に出ていたのが非常に気がかりなのですが……。鈴木敏夫プロデューサーについては、次のインタビュー記事が、舞台裏のについても書かれていて面白かったです。

ちなみに私がジブリ作品で好きなのは、『天空の城ラピュタ』と『ルパン三世 – カリオストロの城』ですね。両方ともお城が舞台で、何度見ても面白いです。でもハウルの動く城はイマイチ……。 『耳をすませば』も結構好きですね。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

68 queries. HTML convert time: 2.369 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン