Fedora Legacy アップデート 2004/10/16

2004-10-18 11:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

Fedora Legacy Project から続々とセキュリティ修正パッケージがリリースされていますが、16日には gaim、CUPS がリリースされています。あと、13日の記事には書き忘れましたが mod_ssl と lha の修正版も出ていますね。

  • lha (7.3, 9)
    ディレクトリまたぎ解凍問題や、バッファーオーバーフローの欠陥、シェルメタキャラクタによる任意のコマンドが実行できる欠陥など致命的なものが修正されています。( CAN-2004-0234, CAN-2004-0235, CAN-2004-0694, CAN-2004-0745, CAN-2004-0769, CAN-2004-0771)
  • mod_ssl (7.3)
    2つの問題が修正された。(CAN-2004-0488 CAN-2004-0700)
  • gaim (7.3, 9)
    バッファーオーバーフローや、任意のシェルコマンドがエスケープされずに実行されてしまう欠陥が修正されました。
    (CAN-2004-0006, CAN-2004-0007, CAN-2004-0008, CAN-2004-0500, CAN-2004-0754, CAN-2004-0784, CAN-2004-0785)
  • CUPS (9, FC1)
    IPP の実装にバグがあり DoS 攻撃を受ける欠陥が修正されました。(CAN-2004-0558)

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.132 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン