Fedora Legacy からいくつかのアップデートが公開

2004-7-21 11:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

正式サポートの終了した Red Hat Linux 7.2~9 のアップデートを提供するコミュニティベースのプロジェクト Fedora Legacy から、いくつかのアップデートが提供されています。とはいうものの利用者の多い 7.3 と 9 だけで、7.2、8.0 向けのものは用意されていません。

アップデートが公開されたパッケージは、次の通り。

libxml2
7.3 のみ。FTP または HTTP 経由で長い URL を渡されるとバッファオーバーフローする脆弱性(CAN-2004-0110)が修正されています。Red Hat 9 のアップデートは過去に出ています。
mailman
9 のみ。mailman 2.1.5 以前の細工したメールによりユーザのパスワードが漏洩する欠陥(CAN-2004-0412)を修正。
sysklogd
7.3 および 9。メモリが充分に確保されないバグの修正。
wu-ftpd
7.3のみ。バッファオーバーフローや、ファイルの所有権などに関する欠陥(CAN-1999-0997CAN-2004-0148CAN-2004-0185)が修正されているそうです。Red Hat 9 には wu-ftpd は入っていません。

RPM をダウンロード、インストールする前に、Fedora Legacy の GPG 公開鍵をインポートしておきましょう。こうしないと RPM の署名検証時に V3 DSA signature: NOKEY, key ID 731002fa という警告が出ます。

  # rpm --import http://www.fedoralegacy.org/FEDORA-LEGACY-GPG-KEY

kernel などは、現在テスト段階のようです。ちなみに Fedora Legacy のリリースは、Fedora-legacy-announce メーリングリストに加入するとメールで送られてきます。また、yum での自動アップデート方法もあります。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.427 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン