freeSSHd の “submitted a bad key” エラー

2011-8-28 01:21
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows に手軽に SSH サーバを立てられるフリーの freeSSHd を試す機会がありました。

freeSSHd は英語ということと、サービスとして動かしているときに設定画面にアクセスすると挙動がおかしいなど地雷っぽい部分が多いのですが、そのほかにも設定で気をつけなければならない点があります。

公開鍵認証を使う場合、公開鍵は指定されたディレクトリ (デフォルトでは C:\Program Files\freeSSHd )にユーザ名のファイルとして配置しなければなりません。

たとえば、ssh 用のユーザが sshuser ならば、公開鍵のファイル名も sshuser に変更して、C:\Program Files\freeSSHd\sshuser のように配置します。

また、DSA 暗号を使用すると freeSSHd でうまく認証が行なわれません。SFTP でなぜか指定されたルートディレクトリではなく、 C:\Windows\System32 の下が表示されます。 ログをみると submitted a bad key というエラーが出ています。RSA 暗号を使用した場合はこの問題は発生しません。

それにしても DSA の公開鍵ファイルにすると System32 の下がルートディレクトリになって視えるというのはまずいバグではないでしょうか……。

  • ブックマーク : アクセス: 10,518回
  • カテゴリー : Windows

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

67 queries. HTML convert time: 0.980 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン