大沢伸一 『The One』初回限定DVD付き

2007-10-5 07:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
Shinichi Osawa - The One

AVEX に移籍した大沢伸一が、Mondo Grosso という名前を脱ぎ捨てて Shinichi Osawa 名義でリリースしたニューアルバム The One。4年ぶり待望の新作。

今日のクラブミュージックシーンを席捲するエレクトロ・ロック感が溢れる一枚に仕上がっている。MG4 のころのクールなジャズっぽいグルーヴは完全に身を潜めて新しい世界を切り開いている。初めて聞いたときはうるさく感じたノイズも、聴き込むにつれて心地よく身をゆだねられるようになるから不思議だ。

聴くほどに新たな発見があり飽きさせないのはさすが。その理由はそれぞれの曲にドラマが感じられ、また緻密な楽曲作りなっているからだと思う。さらに流行りのクラブサウンドにフォーカスするというよりは、その先を見据えた他にはみられない非常に実験的で、それでいて違和感のない楽曲群としてまとまっている。

全体的にダンス・ロックの要素が強く、しかし完全フロア対応の宣伝文句通り、踊れるクラブサウンドとしての組み立てられている。しかし決してマニアックではなく、洗練されたポップスとしても味わえる。フロアという枠組みやジャンルにはとらわれないで自由に聴くことを可能としているし、構えずに聴くことにより様々な発見がある。

1曲目の “Star Guitar” は Chemical Brothers のカヴァー。日本語の歌詞をつけた Our Song はポップ・ロックスとしての完成度も高く、高揚感に包まれる。”Ami Nu Ku Tuu (The One Version)” RYUKYUDISKOとのセッションナンバーで、彼らのバージョンと比較して聴くのも面白いだろう。

初回限定仕様として DVD 附属でやや高いのものと、DVD なしでちょっと安い二種類が出回っているが、ここはやはり 8曲入りの DVD 付きを手に入れたい。”Our Song” のクリップは2種類入っていてどちらも楽しめる。ただし PV は玉石混合で、こちらは当たり外れがあると感じるかもしれない。

それにしても “Last Days” のクリップ (PV)には目を瞠るものがある。 TEAM★LAB.NETによる水墨空間が大沢伸一の曲と見事なコラボレーションを成し遂げている。音楽に合わせたコンピュータグラフィックスによる水墨画の表現。これはぜひ DVD を観て欲しい。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

69 queries. HTML convert time: 1.292 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン