Windows XP SP2 の緊急パッチ公開

2004-12-18 00:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

CNET Japan のニュースによると、Windows XP SP2 のファイアウォールに関する緊急のパッチが公開されたとのこと。つい先日定例アップデートが公開されたばかりですが、また Windows Update しなければなりませんね。

このセキュリティホールが悪用された場合、Windowsファイアウォールを有効にした状態で「ファイルとプリンタの共有」を例外的に認める設定になっているWindows XP SP2マシンに、誰でもアクセスできてしまう。

これは明らかにプライバシーの侵害や情報漏洩につながる欠陥なのですが、

Microsoftでは、この問題をソフトウェア脆弱性とは位置付けておらず、そのため今回のパッチは、今週公開された月例パッチには含まなかったと、Schareは述べている。実際、同社でこの問題を扱ったのはセキュリティを担当するグループでなく、Windows製品を担当するグループだった。

そういうわけで月例アップデートとは別にリリースされたようです。SUS でも出てきませんが、やはり「重要な更新」ではないという位置づけなのでしょうか。それにしても MS 内部も「縦割り」なんですね。

コメントはまだありません

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

70 queries. HTML convert time: 0.841 sec. Powered by WordPress. Valid XHTML
Copyright © 2003-2017 @ futuremix.org ログイン